凸城凸 資格を取って独立・起業!我が城を構える!!
目指せ社長!個人事業主、会社を設立して一国一城の主になろう。社長になるいろは!!
凸「独立開業のすすめ」「個人事業主の開業手続き・SOHO」
                      「有限会社の登記手続き」「株式会社の登記手続き」凸 ≫


事業計画と経営目標を立てる



資格ビジネスの事業計画の立て方 をすぐ見る

凸事業計画と経営目標を立てる凸

独立開業の準備として、情報収集やリサーチをしっかりしていくとライバルになりそうな同業社を見かけると思います。

同業者の現状や特徴、これからあなたが始めようとしている業界の現状を探り分析することは事業戦略を練る上で非常に重要です。

そして競合ライバルを分析していくと、同じような事業を展開した場合のおおよその一日の平均客数や客単価(1人あたりの購入金額)などを想像できるので「売り上げ予想」を立てることができると思います。

「売り上げ予想=客単価×一日の平均客数×営業日数」 で導き出します。

そうやって導き出された売り上げ予想は事業計画を練る上で、事業を構想どおりに離陸させて軌道に乗せられるか否かを左右する問題です。

事業計画は1年単位で立てる年間事業計画と、3〜5年単位で立てる中・長期事業計画があります。もちろん日々変化する環境を感じ取り月ごとの見直し作業を行うことが重要です。

もっと正確な事業計画を練るためにはなんとかして同業者と仲良くなり内情などを探れると効果的です。そして政府発表の指標などのデータを利用することも忘れてはなりませんね。

政府の機関としては「中小企業庁」の「中小企業の経営指標」などを参考にするとなにかと役に立ちます事業計画と経営目標を立てる解説ページ

中小企業の経営指標を見ると様々な業種の経営指標が掲載されています。
おおまかに解説すると、

売上高対純利益率とは、売上高に対する売上総利益の割合。
⇒(売上−仕入れ)÷売上高

売上高対営業利益率とは、売上高に対する営業利益の割合。
⇒{(売上−仕入れ)−給料−家賃−交通費−交際費など}÷売上高
注意:括弧内は売上総利益を指す。

他にも色々な指標データが掲載されているので参考にしてみて下さい。
銀行やその他の金融機関で融資を受ける際にはきちんと作られた事業計画書が必要になります。

                      事業計画と経営目標を立てる解説ページ


っと、ここまでは一般的な事業で独立開業を目指す場合に必ず必要な細かな数字と事業計画を練るために必要な売上高対純利益率や売上高対営業利益率の計算方法などでした。

ですが、

資格ビジネスのための事業計画には他業種のように細かな経営目標・指標をわざわざ計算する必要はありません!!

ほんとに!?ちょっと数字関係は苦手でしてぇ・・・
よかったね、ベンチャー君。苦手そうな気がしてたよ。

(計算する必要がない!とは言いすぎかもしれませんが、事業計画を立てることが簡単なのです。)

  資格ビジネスの場合の事業計画と経営目標

なぜかというと、よく考えてみて下さい。資格を取得して
資格を使ったサービスを提供する資格ビジネスの場合には「仕入れ」というものがありませんよね!?

仕入れや原価コストなどは関係なくサービスを提供してその対価として報酬を得るわけですから経営指標を計算してみると驚くべき数字が出てきます。

例えば、売上高対総利益率を計算してみると・・・料理品小売業は66.1%、コンビニエンスストアでは30.2%、書籍雑誌小売業では22.7%などという数字が出ているのに対して、

資格ビジネスの場合を計算してみると・・・なんと100%という数字が出てきます!
これは、
仕入れや原価コストがかからないサービスや情報を販売しているという特徴から対価として発生した報酬が100%利益という計算になるからです。

もちろん売上高対営業利益率を計算すると、必要経費(給料、家賃、交通費、交際費)はかかってくるにしても他業種とは比べ物にならないほどいい指標が導き出されます。

ここまで仕入れや原価コストのかからないビジネスは「資格ビジネスや」「情報販売(情報起業)」などにしかない優れた点です。

ですから資格ビジネスで独立開業する場合に立てなければならない事業計画は、比較的簡単に練ることが出来ます。事細かな売上目標を原価がいくらで回転率が何回くらいで・・・などと計算しなくても導き出さなければならない数字はわかりやすい限られたものだけです。

それは「必要経費」です。必要経費には人件費や家賃(自宅で開業、SOHOスタイルでホームページをメインに活動するならレンタルサーバー代の月額数百円だけで済む)、高熱費、環境整備費(電話代、インターネット接続料)、事業にかかる費用などです。

人件費は個人で独立開業する場合にはその額は臨機応変で柔軟に変えることも出来ますし、家賃は自宅で独立開業するならレンタルサーバー代だけでも済んじゃいます。

ここまで必要経費を抑えることができるのも他には決して無い資格ビジネスの魅力ですよね。他のビジネスの場合は必要経費やコストを考えてから無理やり資金繰りが回るように売上目標を逆算して導き出していることが多いのですが、そのような事業計画は大抵現実とはあまりにもかけ離れていることが多く計画倒れや行き当たりばったりといった結末が待ち構えているはずです。

ところが資格ビジネスでは事業計画を練る上では考えなければならない必要経費は明白ですよね。ですから
無理やり逆算して売上目標を出さなくても、原価コストや経費がかからない分相当な余裕があるので手の届く売上目標を簡単に導き出すことができるのです。

そうして練り上げられた事業計画書は着実な資格ビジネスの成長を助けてくれる礎です。独立開業するための事業計画書を何度か見直して練ってみましょう。

簡単にできますし、なにより独立開業の構想を書き出すことにより改めて再検証できるはずですから!

稼げる資格ベスト10

1位  司法試験
2位  司法書士
3位  弁理士
4位  税理士
5位  行政書士
6位  中小企業
     診断士
7位  建築士
8位  技術士
9位  社会保険
     労務士
10位  ファイナンシャル
      プランナー

(稼げる資格とは、独立開業すれば高額報酬が得られる国内資格。)


独立・起業に近道の資格ベスト10

1位  ファイナンシャル
     プランナー
2位  ITコーディネーター
3位  マイクロソフト
     認定技術者
4位  中小企業
     診断士
5位  リフレクソロジー
     関連資格
6位  エステティシャン
     関連資格
7位  トリマー・ペット
     関連資格
8位  行政書士
9位  税理士
10位 インテリア
     コーディネーター

(独立・起業に近道の資格とは、独立開業が可能で比較的資格試験が簡単な資格や、資格取得までに要する勉強期間が短くてすむ資格)



凸城凸 稼げる資格
-資格徹底比較ガイド-


事業計画と経営目標を立てる解説ページ
 凸城凸 資格を取って独立起業!我が城を構える!!・・・資格取得で独立起業・開業のトップページへ
 稼げる資格徹底比較ガイド / オンラインショップ・ネット開業ガイド

凸「個人事業主・SOHOの手続きと税金」「有限・株式会社の登記手続き」「1円起業」凸 

 稼げる資格で独立起業メニュー 独立起業・開業の準備
 ┣独立開業の準備と綿密な計画の立て方・屋号を決める
 ┣事業計画と経営目標を立てる
 ┣屋号口座を持つ・メインバンク選び
 ┣ネットバンクサービスデータ比較
 ┣金融機関を使い分ける・口座の基礎知識
 ┣事業用パソコンの選び方稼げる資格で独立起業・開業
 ┣レンタルオフィスを活用する稼げる資格で独立起業・開業
 ┗IT導入で効率化・経費削減を図る

 稼げる資格で独立起業メニュー 新規開業資金を試算する
 ┣開業資金・運転資金を試算する
 ┣独立開業資金チェックシート稼げる資格で独立起業・開業
 ┣資格開業の自己資金と資金調達
 ┗信用金庫・信用組合の融資・取引のコツ政府系金融機関と公的融資の利用

    
「個人事業主・SOHO」

 独立・起業・開業メニュー 個人事業主・SOHOの手続き

 ┣資格取得で独立起業するために必要な手続きは?
 ┣個人事業開廃業届出書の書き方
 ┣個人事業主・SOHOの青色申告の承認申請書と青色専従者給与に関する届出書
 ┣所得税の棚卸資産の評価方法と減価償却資産の償却法の届出書
 ┗個人事業開始申告書とは?
事業計画と経営目標を立てる解説ページ
Copyright 2006凸城凸  資格を取って独立起業!我が城を構える!! All rights reserved.

独立起業・開業ページ
凸城凸稼げる資格で独立起業・開業
起業・独立開業
個人事業・SOHO
小資本ビジネス
資格ビジネス
週末起業
屋号
屋号口座・メインバンク
開業資金・運転資金
自己資金と資金調達
政府系金融機関と公的融資
個人事業開廃業届出書
青色申告
所得税の棚卸資産の評価方法と減価償却資産の償却法
個人事業開始申告書
個人事業主の税金
簡単会計入門
個人事業主の保険
集客テクニック
印鑑・ハンコ
1円起業
弥生会計
凸城凸稼げる資格取得比較
   ユーキャン
ヒューマンアカデミー
tac
全教振
通信講座
通信教育
資格スクール
教育訓練給付制度
資格取得
資格試験
オンラインショップ開業