凸城凸 資格を取って独立・起業!我が城を構える!!
目指せ社長!個人事業主、会社を設立して一国一城の主になろう。社長になるいろは!!
凸「独立開業のすすめ」「個人事業主の開業手続き・SOHO」
                      「有限会社の登記手続き」「株式会社の登記手続き」凸 ≫


株式会社の設立登記手順



株式会社設立登記? 設立登記までの手続きの流れ / 株式会社設立登記? 登記申請

凸株式会社の設立登記手順凸

さぁいよいよあなたの城が誕生するまであと一歩!時は満ちた!といった感じですかね!?一国一城の主になるためにいざ決戦の地へ!様々な準備がやっと実る会社設立へのラストスパート、株式会社の設立登記です。

株式会社の設立登記の手続きは、有限会社の設立登記に比べて少し複雑なので確実に一つずつ手順をこなしていきましょう。

ん?そんな手続きあったの!?株式会社の設立登記解説ページ
なんてベンチャー君みたいにならないようにしましょうね。




株式会社設立登記? 設立登記までの手続き手順


?事業目的・本店所在地などを決めて、発起人を募り発起人議事録を作成する。

発起人会を開催して会社の事業などを決定し、発起人会議事録を作成する。発起人が当人だけの場合は発起人決定書で済ませることが出来る。


?
類似商号(株式会社の会社名)を調査する。

類似商号の調査は、同業者に似ている商号がないかを調べるために行います。類似商号は株式会社の本店所在地を管轄する
登記所にて無料で調べることができます

類似商号の調査の結果、
似ている商号があっても業種が違えば登記が可能です。商号には必ず「株式会社」という文字を社名の前後あるいは中間に入れなければなりません。


?
発起人全員の印鑑証明書を取り寄せておく。



?
株式会社の定款を作成する。

定款とは株式会社における憲法とも言うべきものです。株式会社の定款は有限会社の場合とは若干異なるので記載内容については注意が必要。定款に記載内容には
「絶対的記載事項」と呼ばれる項目があります。

絶対的記載事項とは、「商号・事業目的(事業内容などを箇条書きにするが、将来的にやりたい事でも記載可能)・本店の所在地・株式発行総数・設立時の株式総額・発起人の氏名と住所(印鑑証明書と同じ記載)・公告の方法(決算内容などを官報に公告しなければならないから)」の
全部で7項目です。

さらに、相対的記載事項として、「現物出資や財産引き受け、株式の譲渡制限事項、株主総会や取締役会の決議方法(通常は過半数決議方式)、取締役の任期(通常2年となるが定款に定めることにより延長が可能)」などがあります。

また、定時株主総会の時期や利益配当、営業年度などを定める「任意的記載事項」を記載します。



?
定款の認証を受ける。

作成した定款を
本店所在地を管轄する法務局所属の公証人役場にて認証してもらいます。定款は公証人役場にて認証されることによりはじめて効力を発揮します。公証人役場には定款を3通持参します。(1通は公証人役場保管の原本、あとの2通はそれぞれ会社保存用と登記所に提出する分です。)ただしコピーは不可ですのであらかじめ3通作成する必要があります。

定款の認証に際して原則社員全員が行くことになっていますが委任状があれば代理人に頼むことも可能。さらに、持参するものには
社員全員の印鑑証明書や印紙代4万円、定款認証代5万円や謄本交付手数料1枚につき250円程度がかかります。



?
株主名簿を作成する。

発起人が株式を引き受け、株式引受け証を作りその後株主名簿を作成する。



?
出資額の株式引き受けをして、金融機関に株式を払い込み、株式払込金保管証明書を発行してもらう。


金融機関で株式払込事務取り扱い委託書を提出して、金融機関の指示に従い出資金を入金します。持参するものは、定款のうつし(コピーでも可能)、発起人代表者の印鑑証明書、株式引受人名簿、発起人会議事録(または発起人決定書)、手数料(出資金により異なりますが数万円程度)です。

金融機関の払い込みに際して注意が必要なのが、いきなり金融機関が出資金の払い込みを受け入れてくれるケースはまれであり難しいということです。事前にある程度の付き合いや実績が無ければ払い込みを受け入れてもらえないのと、払い込み先の銀行はその後メインバンクになることが多いのであらかじめある程度の付き合いをしておくことが必要です。



?
創立総会(募集設立の場合のみ)を開催して創立総会議事録、取締役会を開催して取締役会議事録を作成する。

募集設立の場合は創立総会を開催して、取締役と監査役を選任し創立総会議事録を作成する。また、取締役の過半数が出席のもと代表取締役を決定し取締役会議事録を作成する。

?
調査書を作成する。

取締役、監査役は設立手続きが正確に行われたか調査して調査書を作成する。


?
登記申請書類を作成する。



?
株式会社の設立登記申請をする。



                      株式会社の設立登記解説ページ


株式会社設立登記? 登記申請手順

株式会社設立登記への最後のステップが登記申請です。

登記申請する場合株式会社の発起設立では取締役・監査役の調査をした日から
約2週間以内、募集設立では創立総会から約2週間以内にしなければなりません。

株式会社の登記申請する登記事項は「商号・事業目的・本店所在地・資本総額・公告方法・代表取締役の氏名と住所、取締役と監査役の氏名」でこれらは必ず登記する項目です。「株式の譲渡制限・共同代表の規定・支店所在地」等の項目は定款に定めた場合のみ登記します。



株式会社の登記申請にあたり必要な書類は、次の通りでこの順番に綴じることになります。

設立登記申請書(B4サイズの紙で手書きまたはワープロで作成する)
題名に「株式会社設立登記申請書」と記して、定款に定めたものと同じように、商号・本店所在地・登記の事由・登記すべき事由(別紙記載と書く)・課税標準金額(資本金額)・登録免許税の額と添付書類の種類と各枚数を記す。さらに登記申請日と本店住所、代表の氏名と印鑑を押して最後に提出する登記所を書く。

登録免許税納付台紙(登録免許税資本金1000万円なら15万円)
B5の用紙を用いるが、登録免許税の納付方法は登記所により収入印紙で納付する場合と現金で納付する場合があるのであらかじめ登記所で確認することが必要です。

定款

株式払込金保管証明書・株式の引受けを証明する書面

調査書

取締役会議事録

個人の印鑑証明書

代表取締役・取締役や監査役の就任承諾書(定款に定めている場合は必要なし)
会社の各役員に就任の意思を確認することが目的。

登記原簿となる用紙4枚(事前に登記所にて無料で入手する)
商号・資本、目的、役員、予備の4項目に分けて書きます。

印鑑届出書
会社の代表者印を所轄の登記所に届け出ておきます。


印鑑カード交付申請書
事前に印鑑カードを交付されることにより印鑑証明書を申請する際に実印が無くても印鑑証明書を受け取れるというものなので防犯面からも便利。





これらの書類を綴じて所轄の登記所(商業登記と書かれた窓口)に株式会社の設立登記申請を提出すれば、あとは書類の審査を待ちます。補正の指示が無ければ晴れて株式会社が成立しあなたは一国一城の主としてスタートすることになります!!

「おめでとうございます株式会社の設立登記解説ページ


稼げる資格ベスト10

1位  司法試験
2位  司法書士
3位  弁理士
4位  税理士
5位  行政書士
6位  中小企業
     診断士
7位  建築士
8位  技術士
9位  社会保険
     労務士
10位  ファイナンシャル
      プランナー

(稼げる資格とは、独立開業すれば高額報酬が得られる国内資格。)


独立・起業に近道の資格ベスト10

1位  ファイナンシャル
     プランナー
2位  ITコーディネーター
3位  マイクロソフト
     認定技術者
4位  中小企業
     診断士
5位  リフレクソロジー
     関連資格
6位  エステティシャン
     関連資格
7位  トリマー・ペット
     関連資格
8位  行政書士
9位  税理士
10位 インテリア
     コーディネーター

(独立・起業に近道の資格とは、独立開業が可能で比較的資格試験が簡単な資格や、資格取得までに要する勉強期間が短くてすむ資格)



凸城凸 稼げる資格
-資格徹底比較ガイド-


「独立開業のすすめ」
「個人事業主の開業手続き
            ・SOHO」
「有限会社の登記手続き」
「株式会社の登記手続き」
 


「有限会社・株式会社等、会社組織」

会社組織の種類と特徴・有限会社・株式会社・合名会社・合資会社

有限会社と株式会社の会社設立の登記にかかる費用は?

有限会社・株式会社設立に必要な代表印の規格

有限会社の設立登記手順

株式会社の設立登記手順

有限会社・株式会社が1円で出来る裏技!?1円起業を徹底解説!確認有限会社・確認株式会社って何?

株式会社の設立登記解説ページ
 凸城凸 資格を取って独立起業!我が城を構える!!・・・資格取得で独立起業・開業のトップページへ
 稼げる資格徹底比較ガイド / オンラインショップ・ネット開業ガイド
 独立・起業・開業メニュー 会社 会社組織の基礎知識と費用
 ┣会社組織の種類と特徴有限会社・株式会社・合名会社・合資会社
 ┣有限会社と株式会社の会社設立の登記にかかる費用は?
 ┗有限会社・株式会社設立に必要な代表印の規格

 独立・起業・開業メニュー 会社設立登記 会社設立登記
 ┣有限会社の設立登記手順
 ┗株式会社の設立登記手順

 独立・起業・開業メニュー 1円起業 1円起業・1円で会社設立
 ┗有限会社・株式会社が1円で出来る裏技!?
   1円起業を徹底解説!確認有限会社・確認株式会社って何?


 稼げる資格で独立起業メニュー 新会社法で会社設立が変わります
 ┗新会社法新会社法施行!要点をチェックして会社設立

株式会社の設立登記解説ページ
Copyright 2006凸城凸  資格を取って独立起業!我が城を構える!! All rights reserved.

独立起業・開業ページ
凸城凸稼げる資格で独立起業・開業
起業・独立開業
個人事業・SOHO
小資本ビジネス
資格ビジネス
週末起業
屋号
屋号口座・メインバンク
開業資金・運転資金
自己資金と資金調達
政府系金融機関と公的融資
個人事業開廃業届出書
青色申告
所得税の棚卸資産の評価方法と減価償却資産の償却法
個人事業開始申告書
個人事業主の税金
簡単会計入門
個人事業主の保険
集客テクニック
印鑑・ハンコ
1円起業
弥生会計
凸城凸稼げる資格取得比較
   ユーキャン
ヒューマンアカデミー
tac
全教振
通信講座
通信教育
資格スクール
教育訓練給付制度
資格取得
資格試験
オンラインショップ開業