凸城凸 資格を取って独立・起業!我が城を構える!!
目指せ社長!個人事業主、会社を設立して一国一城の主になろう。社長になるいろは!!
凸「独立開業のすすめ」「個人事業主の開業手続き・SOHO」
                      「有限会社の登記手続き」「株式会社の登記手続き」凸 ≫


金融機関を使い分ける・口座の基礎知識



金融機関を使い分ける・口座の基礎知識

インターネット上のホームページなどをメインに起業するならメインバンクは「ネットバンク」の事業用屋号口座等を利用すると、非常に便利かつ有利に事業が展開できることは前章で紹介しました。

ところで、世の中にはたくさんの金融機関が存在しています。種類は豊富でそれぞれ特徴があり様々な利点がありますが、普段生活していると「○○信用金庫」という看板を見かけても自分にはあまり縁がないし・・っといった感じで深く考えずに素通りしていませんか??

・・・

数年前、独立・開業など意識していなかったベンチャー君は当然のごとく素通りしていく人の中にいました。

ですが、独立・開業をして事業をするなら各種金融機関の便利なサービスを活用するのも一つのうまい手だと思います。各種金融機関には得意分野があり、中小企業の育成に力を入れているところや小規模業者の融資に専業しているところなどそれぞれ特色があります。

それではおおまかな金融機関の目的別の使い分けを紹介してみます。


  金融機関の種類・特徴と目的別使い分け


 
『日常決済』

          都市銀行・地方銀行・ネットバンク・・・取引先からの入金・公共料金の
                                  引き落とし・当面のメインバンク

  ↑  ↑

          信用金庫・信用組合・・・中小企業の育成に特化・預金・手形割引
                          貸付など幅広い・将来的なメインバンク

  ↓  ↓

          国民生活金融公庫・・・政府系金融機関・融資対象が広い
          商工組合中央金庫・・・政府系金融機関
                         ※国民生活金融公庫のマル経融資は小規模
                          業者にとって最も利用しやすい

  
『融資』



上記の図のように都市銀行やネットバンク・信用金庫や信用組合、また政府系金融機関の国民生活金融公庫や商工組合中央金庫などそれぞれ得意分野と特徴があります。この図の上に行くに従い、決済的な意味合いが強くなり、反対に下に行くに従い融資的な意味合いが強くなります。

 図のように目的別に個人事業主など中小規模の事業をする場合はそれぞれの金融機関を上手に活用すると便利です。

 基本としては、まず
お客さんや取引先からの振込み用・公共料金の引き落とし用にメインバンクをネットバンクか都市銀行に一つ決めておきます。
(※ネットバンクは24h振り込み確認ができて便利!オンラインの事業には不可欠です。)
詳しくは⇒屋号口座を持つ・メインバンク選びで解説しています。

 そして、ネットバンク・都市銀行だけでも十分ですが、
中長期的に見て定期積金や定期預金をして信用とパイプを作るためにも信用金庫などにももう一つのメインバンクがあってもいいと思います。
(銀行という世界にも信用がモノを言います・・。何かあった時に信用があれば迅速かつ柔軟な対応をしてくれます。)

 もし万一運転資金や設備資金が足りないときは国民生活金融公庫の融資を利用できます。
⇒民間の都市銀行などからの融資はまずむずかしいと考えておきましょう。

                      金融機関を使い分ける・口座の基礎知識解説ページ


  口座の基礎知識

事業を始めたらすぐに入出金や振込み・引き落としなどがはじまります。その前に開業手続きをしたらすぐに各種金融機関で口座を開設しましょう。

口座の開設にあたっては、個人事業主なら個人事業開廃業届出書などのコピー・会社なら登記簿謄本の写しとともに必要書類(賃貸事務所なら契約書など)、銀行印(ちゃんとした銀行印がいらない時もあります)があれば口座開設ができます。

※銀行印の規格については⇒有限会社・株式会社設立に必要な代表印の規格で解説しています。

口座のうち日常決済で使用できる預金は、普通預金と当座預金があります。ただし当座預金は取引実績が浅いうちは利用できません。


  

  預金の種類解説

普通預金・・・出し入れが自由の預金で利息付きます。
        利用目的は
日常の入出金・公共料金や保険料の引き落としにも使えます。
        手形や小切手の入金にも利用可能。

定期預金・・・普通預金よりも高い利息が付きます。
        同時に
金融機関に対しての信用作りにもなり、何かの担保にもなる。

納税準備預金・・・納税目的の準備になる預金です。
           
納税目的の引き出しは非課税になるメリットあり!

当座預金・・・口座開設には一定の審査があり、利息はなし。
        手形や小切手の振り出しに使え、
当座借越契約をすれば一定額まで自動
        融資可能



稼げる資格ベスト10

1位  司法試験
2位  司法書士
3位  弁理士
4位  税理士
5位  行政書士
6位  中小企業
     診断士
7位  建築士
8位  技術士
9位  社会保険
     労務士
10位  ファイナンシャル
      プランナー

(稼げる資格とは、独立開業すれば高額報酬が得られる国内資格。)


独立・起業に近道の資格ベスト10

1位  ファイナンシャル
     プランナー
2位  ITコーディネーター
3位  マイクロソフト
     認定技術者
4位  中小企業
     診断士
5位  リフレクソロジー
     関連資格
6位  エステティシャン
     関連資格
7位  トリマー・ペット
     関連資格
8位  行政書士
9位  税理士
10位 インテリア
     コーディネーター

(独立・起業に近道の資格とは、独立開業が可能で比較的資格試験が簡単な資格や、資格取得までに要する勉強期間が短くてすむ資格)



凸城凸 稼げる資格
-資格徹底比較ガイド-




   イーバンク銀行
 口座維持費が無料で、屋号口座もOKのNo1ネットバンク

   ジャパンネット銀行
 公共料金の引き落としなどにも利用でき、ビジネスアカウント口座(屋号口座)もOK!
事業計画と経営目標を立てる解説ページ
 凸城凸 資格を取って独立起業!我が城を構える!!・・・資格取得で独立起業・開業のトップページへ
 稼げる資格徹底比較ガイド / オンラインショップ・ネット開業ガイド

凸「個人事業主・SOHOの手続きと税金」「有限・株式会社の登記手続き」「1円起業」凸 

 稼げる資格で独立起業メニュー 独立起業・開業の準備
 ┣独立開業の準備と綿密な計画の立て方・屋号を決める
 ┣事業計画と経営目標を立てる
 ┣屋号口座を持つ・メインバンク選び
 ┣ネットバンクサービスデータ比較
 ┣金融機関を使い分ける・口座の基礎知識
 ┣事業用パソコンの選び方稼げる資格で独立起業・開業
 ┣レンタルオフィスを活用する稼げる資格で独立起業・開業
 ┗IT導入で効率化・経費削減を図る

 稼げる資格で独立起業メニュー 新規開業資金を試算する
 ┣開業資金・運転資金を試算する
 ┣独立開業資金チェックシート稼げる資格で独立起業・開業
 ┣資格開業の自己資金と資金調達
 ┗信用金庫・信用組合の融資・取引のコツ政府系金融機関と公的融資の利用

    
「個人事業主・SOHO」

 独立・起業・開業メニュー 個人事業主・SOHOの手続き

 ┣資格取得で独立起業するために必要な手続きは?
 ┣個人事業開廃業届出書の書き方
 ┣個人事業主・SOHOの青色申告の承認申請書と青色専従者給与に関する届出書
 ┣所得税の棚卸資産の評価方法と減価償却資産の償却法の届出書
 ┗個人事業開始申告書とは?
事業計画と経営目標を立てる解説ページ
Copyright 2006凸城凸  資格を取って独立起業!我が城を構える!! All rights reserved.

独立起業・開業ページ
凸城凸稼げる資格で独立起業・開業
起業・独立開業
個人事業・SOHO
小資本ビジネス
資格ビジネス
週末起業
屋号
屋号口座・メインバンク
開業資金・運転資金
自己資金と資金調達
政府系金融機関と公的融資
個人事業開廃業届出書
青色申告
所得税の棚卸資産の評価方法と減価償却資産の償却法
個人事業開始申告書
個人事業主の税金
簡単会計入門
個人事業主の保険
集客テクニック
印鑑・ハンコ
1円起業
弥生会計
凸城凸稼げる資格取得比較
   ユーキャン
ヒューマンアカデミー
tac
全教振
通信講座
通信教育
資格スクール
教育訓練給付制度
資格取得
資格試験
オンラインショップ開業